"ZERO TO ONE"by Ashizawa Seminar

会場全体をデザインするとは

”ZERO TO ONE” Vol.4

会場全体をデザインするとは(会場設営担当:宮本)

青空ファクトリーにおける自分の仕事は会場装飾。

Aozora Factoryは過去の前例もない、自分達が初めて作り上げるイベントである。

あるのは野球場二面分のだだっ広いグランドのみ。

このグランドに人々が集い、「Aozora」に映える空間を作り出せるかは自分達次第なわけだ。

ウェブや雑誌などの写真でイメージを膨らませ、自分たちのAozora Factoryでもできそうなことを引っ張ってくる。

ここまでは良い。

ただ、ここからが難しい。

実際にその装飾物を用意したいとなると…作るの?買うの?予算は?材料は?様々な要素が絡み合ってくるのである。

実際にすごくいいと思っても学生にはなかなか厳しいものもある。

そんな中でも、普段ならまずやらないであろうD・I・Yに取り組み、できる限りのものを製作してきた。

そして自分たちで厳しいことは、企業の方々が助けてくださった。

今回のAozora Factoryにおいては、本当に多くの方々に関わって頂きながら準備を進めている。

木材が欲しいとなると廃材を提供してくださる方がおり、巨大なダンボールが欲しいとなるとダンボールを提供してくださる企業様もいる。

いろんな人との関わりの中で創り出されていくAozora Factory。

だからこそ、イベント当日、来場されるお客さんは勿論だが、このイベントに関わってくださった方が集い交流できる場を作りあげたい。

金沢区が誇る工業団地の方々の温かみを感じながら、残り少ない準備期間を過ごしていく。

(2017年03月16日)

一覧へ戻る