WORKSHOP

自分の手で組み立てた本棚であなたの読書もきっと進む!作り方はプロが教えます!

“廃材パレットでブックシェルフを作ろう”

 

〜誰かにとっての不要を誰かにとっての必要に〜

 

PEACE CRAFTは、廃材を使って、家事製作や個人宅施工などを行っている工房です。今回のワークショップのテーマは、「廃材パレットでブックシェルフを作ろう」です。


■企業名:PEACE CRAFT
■対象年齢:小学生以上(小学3年生以下保護者同伴)
■参加費:1,000円
■定員:18名
■開催時間:10:00〜16:00

今回、初出展となるPEACE CRAFTは、”誰かにとっての不要を誰かにとっての必要に”をコンセプトに、流木・古材・廃材などの古い木材を使った家具・雑貨の制作、個人宅・店舗デザイン施工を手がける神奈川県茅ヶ崎市の工房です。”古くなって壊れたら捨て、新しいものを買う”という世の中の普通に違和感を感じた、CEO兼Designerの西村さんは、10代からの大工の経験と住宅・店舗のデザインの経験を生かし、PEACE CRAFT 設立を決意しました。古い素材を使った雑貨・家具の製作や住宅リノベーションや店舗内装などこれまで数多くの作品を生み出してきました。

 今回のAozora Factoryでのワークショップのテーマは、「廃材パレットでブックシェルフを作ろう」で、“不要な物を必要な物に変える体験”ができます。『頑張ります!気軽に遊びに来てください!』とAozora Factoryに向けて強い期待を語ってくださりました。PEACE CRAFT、ぜひお楽しみください。

(横浜市立大学芦澤ゼミ/矢嶋)

(2017年10月06日)

一覧へ戻る