WORKSHOP

AIってみんな知ってる?AIのお陰でドラえもんができる日が来るかも!今回はひみつ道具の1つをお披露目!

これなーんだ、ものしりAIにきいてみよう!


ラズベリーパイでIoTをたいけんしてみよう!

 
 横浜市工業技術支援センターと、雲のプログラミング教室のコラボレーションワークショップです。
小型パソコン「ラズベリーパイ」を使った画像解析マシンをつくって、3Dプリンターで作ったフィギュアを分析します!


■企業名:横浜市経済局中小企業振興部工業技術支援センター雲のプログラミング教室
■対象年齢:小学生以上
■参加費:500円
■定員:36名
■開催時間:10:00~16:00

 このワークショップの出展は「横浜市工業技術支援センター」と「雲のプログラミング教室」のコラボレーションによって実現しました!
 横浜市工業技術支援センターには、設計図を読み込ませると立体的なモノをつくることができる3Dプリンターがあり、そこでは作品を作るだけでなく、データの作成や修正もしています。一方、雲のプログラミング教室は、ふだん一般企業で働く有志が集まって子ども向けにプログラミング教育などのIT教育を行う団体です。

 このワークショップのメインとなる「ラズベリーパイ」とは、イギリスのラズベリーパイ財団が子どもの教育用に作った、小型パソコンのことです!このワークショップでは、電子工作で「ラズベリーパイ」にカメラをつないで画像解析マシンをつくり、3Dプリンターで作ったフィギュアが何かをAI(人工知能)に判断させます。電子工作を体験できるだけなく、なんと3Dプリンターで作った作品を記念にプレゼントします!子供たちが楽しみながら最新技術を感じることができる、夢のコラボレーションワークショップをぜひお楽しみください!

(横浜市立大学芦澤ゼミ/瀧脇)

(2017年09月25日)

一覧へ戻る