REPORT

【緊急企画】Aozora直前カウントダウン Aozora Factory 2017のここがすごい!! 第二弾『企業×学生×街の関わり方がすごい!』

Aozora Factory 2017のここがすごい!!

 

第二弾『企業×学生×街の関わり方がすごい!』

 

こんにちは!
横浜市立大学芦澤ゼミの戸塚です。

「Aozora Factory 2017のここがすごい」

第一弾は出展ワークショップの魅力をお伝えいたしましたが、第二弾の本日は、『企業×学生×街の関わりがスゴイ』をテーマに、Aozora Factoryに関わっている金沢臨海部産業団地の企業や大学生、区役所や街の関わりに迫っていきます!

Ⅰこれまでの歴史~横浜市立大学・芦澤ゼミと金沢臨海部産業団地の関わり~

Aozora Factoryは金沢臨海部産業団地の秋の祭典「PIAフェスタ」の一環で開催されていますが、今日に至るまで様々な歴史がありました。

横浜市立大学・芦澤ゼミがPIAフェスタに初めて参画したのは2015年でした。1回目は、PIAフェスタの活性化・若者の集客を目指してギネス記録に挑戦し、見事達成しました!
PIAフェスタ来場者の大幅増加にも成功できたのですが、翌年、“たくさんの優れた技術力や魅力をもった企業が集結している金沢臨海部産業団地の魅力も発信できるイベントができないか”と試行錯誤を重ねた結果、”Aozora Factory”が誕生しました。

第1回目の昨年、大好評だったことを踏まえ、今年はより多くの企業・人々にご協力頂き、更にパワーアップして開催します!

Ⅱ行政、街のあたたかいサポート

Ⅰでは企業×学生について説明しましたが、今日のAozora Factoryがあるのは区役所や街の支援があってこそです。
広報よこはまへの一面掲載や金沢区の小学校23校の全校生徒にチラシ配布に加え、街の掲示板や回覧板でも掲載・配布をして頂くことができました。
また、金沢区中心に、たくさんのお店にもご協力いただき、ポスターを掲示させて頂いています!
ひょっとしたらあなたの家の近くの掲示板やお店にも貼ってあったりして、、?是非チェックしてみて下さい!

 

Ⅲ ワークショップも企業×学生×街で作り上げている!

昨日の記事でも少し説明しましたが、多くのワークショップでは企業様の製品や技術力を基に、学生と話し合いを重ねた上でワークショップを作り上げています。
それに加え、中にはユーザーインタビューと題し、学生と企業で出したワークショップのアイディアを実際に、金沢区の小学生に試してもらうことで、体験者から直接意見をもらい、改善を重ねていくといった企業×学生×街でつくりあげたワークショップもあります!

企業×学生×街という、Aozora Factoryの魅力ポイントの1つについて、少しでも知って頂けたでしょうか?
当日も、企業の方や区役所の方、大学生など多種多様な人々が会場でお待ちしております!

明日も、まだまだAozora Facotryの魅力について伝えていく予定なので、お楽しみに!

(横浜市立大学芦澤ゼミ/戸塚)

(2017年10月11日)

一覧へ戻る