REPORT

子供達と一緒に商品開発ワークショップ!

9月10日(日)に横浜市立大学で、小学生向けの「商品開発ワークショップ」を行いました。
約20名の子供達と保護者の方々に、実際に4つのワークショップを体験してもらいました。

※補足――――――――――――――――――――
・今回の「商品開発ワークショップ」は、横浜市立大学が実施しているエクステンション講座という地域向け講座の一つです。
――――――――――――――――――――――――
今回体験してもらった4つのワークショップは、5/13(土)にデザインシンキングという手法を用いて、多種多様な材料や技術を持つ金沢区の企業と芦澤ゼミの学生が考えた案を、実現化したものです。(詳しくはこちら)

今までは、社会人と学生目線で子供向けのワークショップを考えていたため、今回実際に小学生に体験してもらい、率直な意見をもらいました。Aozora Factoryで子供達が楽しめるワークショップを作るために、この意見を活かしていきます。

いよいよ10月14日のAozora Factory本番まで残り約1ヶ月となりました。来場者の方々に楽しんで頂けるよう準備を進めていきます。
一味違った、金沢区の企業の技術力を活かした楽しいワークショップを乞うご期待!

横浜市立大学3年/杉山

(2017年09月12日)

一覧へ戻る