REPORT

伸和木材へ訪問!

7月21日、Aozora Factoryの本多工場長と私ミンの二人で伸和木材株式会社に企業訪問してまいりました。

社長の今井さんからお話を聞いて、伸和木材さんの「創意工夫する力」に感銘を受けました。今まで、「はっぴーキットハウス」、「室内ライブ・シアターパネル」、「木造ドーム」など革新的なモノを作り出してこられたのは、”創意工夫”という伸和木材の社風があったからこそだと感じました。

工場内には、日本だけでなく世界各地から輸入した木材が置いてありました。また、それらを使って作ったこのパレットは再び世界各地に送られることになるでしょう。

廃木材を保管する箱には、それこそ多種多様なサイズと種類の木が入っていました。処分するのは「もったいない」と、これらを使って何かできないかという話をしました。

そうしてAozora Factory当日には、去年と同じく「木材加工製品展示・木っ端の再利用」というワークショップを出すことになりました。具体的には、木材加工品の展示と、様々な種類の木材がズラりと並びます。 そして“木っ端”と呼ばれる、木材を加工した際に残る切れ端を無料でお持ち帰りできます。併せて、檜(ヒノキ)の足踏み木材を限定プレゼントします!お楽しみにしてください。

横浜市立大学芦澤ゼミ/2年 チェ・ミンヒョク

(2017年08月02日)

一覧へ戻る