REPORT

製品開発型ワークショップキックオフMTG


5月13日、製品開発ワークショップキックオフMTGが行われ、2017   Aozora Factoryに向けた企業×学生のアイディアを共有しました。
各グループでそれぞれ異なる企業の方をお迎えし、金沢工業団地の素晴らしい技術をアレンジしたアイディアについて熱く語り合いました。午前は、明星大学准教授伊藤智久先生による製品開発ワークショップの概要説明セッション、各企業の方々による事業説明のセッションが行われました。私たちの身近なところにある素晴らしい技術を改めて知ることができ、午後のアイディア共有に向け各々の想像が膨らみました。
 
 午後は、午前のセッションを踏まえ、個人ワークでのアイディア創出、グループ単位での共有、そして全体への共有と段階を踏み、商品開発へ向けたデザインシンキングを行いました。学生、そして企業の方々、それぞれがユニークなアイディアを持っており、相手に伝える時の熱気は、今回のデザインシンキングの中でも印象的でした。今回参加してくださった企業の方々からお聞きした、素敵な技術が活かされた商品、イベント案が想像以上に引き出されました。
今後は、今回のデザインシンキングで挙がった素敵な案の数々を、いかにして実現可能な段階に持っていくのか、吟味と議論が重ねられます。
楽しいアイディアの数々を、10月に開催されるAozora Factoryで皆様にお届けできることを楽しみにしています。
 
 横浜市立大学芦澤ゼミ/2年藤枝穂乃花

(2017年05月16日)

一覧へ戻る