INTERVIEW

青空工場であいましょう /第二弾

青空工場であいましょう | 第二弾

※本記事は、2016年Aozora Factory開催前の記事です。

2回にわたってお届けする新企画!

Aozora Factory で皆さんに素敵な時間をお届けするのは、

「横浜市立大学 芦澤ゼミ」の学生 たち。

本企画ではベールに包まれた彼・彼女らの姿を、ありのままにお伝えしていく。

前回は、芦澤ゼミ 2年生についてレポートしました。

今回は『番外編』と題して、

芦澤ゼミ 4年生、そして お二人の偉大な先生 についてレポートする。

それでは、スタート!!

(芦澤ゼミの学生・先生と)
青 空 工 場 で あ い ま し ょ う

注)今回は、「芦澤ゼミの学生・先生」にスポットをあてました。そもそも芦澤ゼミがどんなゼミなのかは、コチラ でご紹介しています。


■キャスト紹介

まずは、これまで数々の大プロジェクトを成功に導いてきた 芦澤ゼミ 4年生、その中でも今回の Aozora Factory に並々ならぬ情熱を注いでいる二人をご紹介!

注)プロフィール画像は、大学入学時の写真を使用しております。

4年前と比べて、たくましくなった姿で意気込みを語る彼ら。

その変化の様子もお楽しみください!笑


三鍋 遼太

ニックネーム:みなべ、なべ

担当ブース:Aozora Cafe

* 珈琲を知る・淹れる・楽しむ。体験型カフェスペース に隣接。コーヒー、アルコール、ソフトドリンクを販売。皆さんで気持ちの良い休日を過ごせるスペースをご用意しています。

– Aozora Factory への意気込み

この道は、 頼もしい自分 に繋がっている!!

続いては、、、


宮代 知明

ニックネーム:みやしー、みや

担当ブース:Aozora Cafe

* 珈琲を知る・淹れる・楽しむ。体験型カフェスペース に隣接。コーヒー、アルコール、ソフトドリンクを販売。皆さんで気持ちの良い休日を過ごせるスペースをご用意しています。

– Aozora Factory への意気込み

学生生活の 集大成 を!
後輩たちの 道標 となる!


実はこの二人、大学の入学式からの友達!

お互いのことを知り尽くした(?) 二人の、連携プレーに期待です!!

続いては、偉大な先生 をお二人紹介します。


芦澤 美智子 准教授

横浜市立大学 国際総合科学部 経営学コース 国際マネジメント研究科 国際マネジメント専攻

1996年より公認会計士として会計監査、M&A財務監査等に従事した後、MBA取得。その後、産業再生機構とアドバンテッジ・パートナーズで企業再生に携わる。それらの経験を踏まえ現在、主に企業再生M&Aについて研究している。2014年M&Aフォーラム賞受賞。ネットイヤーグループ社外取締役やM&A第三者委員、横浜市の各種委員等も務めている。

〈ご経歴〉

2016年:慶應義塾大学大学院 経営管理研究科(慶應ビジネススクール)非常勤講師

2013年:横浜市立大学 国際総合科学部 経営学コース 准教授

2012年-2013年:慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 助教

2006年-2007年:アドバンテッジ・パートナーズLLP アソシエイト

2003年-2006年:株式会社産業再生機構 マネジャー

1996年-2001年:あずさ監査法人国際部(KPMG) 公認会計士

– Aozora Factory への意気込み

未来を創る

まずご紹介したのは、芦澤ゼミの創設者である 芦澤先生。

約4年前に横浜市立大学に赴任され、ゼロから芦澤ゼミの風土・スタイルを確立。

今では、大学でも一目置かれるゼミとなりました。

“教育者” として、一人ひとりのゼミ生と本気で向き合い、我々の成長をサポートして下さっている芦澤先生。

今回の Aozora Factory では、影からそっと我々を見守ってくださいます。


本多 竜太 さん

関東プリンテック株式会社

関東プリンテック㈱ にて現場職をご経験された後、工場長に就任。

現在はデザインから営業まで、何でもこなすオールラウンド・プレーヤーとしてご活躍中。

– Aozora Factory への意気込み

やっぱ 紙って オモシロイ!

本多さん。

明日の Aozora Factory は、この方ぬきでは実現しなかった。

「グローバル軸」と「ローカル軸」の2軸でプロジェクトを進めている芦澤ゼミ。

しかし創設当初の芦澤ゼミには、ローカル(=金沢区)との接点がほとんどなかった。

芦澤ゼミの誰もが悩んでいた。

そんなときにお力添えいただいたのが、本多さんだ。

金沢工業団地にお勤めの本多さんは、芦澤ゼミと金沢工業団地を繋いでくださった。

言い換えるならば、本多さんは 芦澤ゼミと金沢区の “架け橋”  だ。

本多さんのご尽力のおかげで、芦澤ゼミは金沢工業団地で毎年開催される PIAフェスタ で、出店・企画・運営を行うことができるようになった。

記念すべき一回目の昨年は、「お好み焼き屋台の出店」ならびに「はじめしゃちょー と ダルマさんが転んだでギネス記録に挑戦」というイベントの企画・運営を実施。

そして、二回目となる今年。

ワークショップ型イベント Aozora Factory の企画・運営という、新たな取り組みに挑戦している。

自社工場での装飾品製作

ホームページの開設

備品の調達・運搬

ゼミ生への叱咤激励

挙げればきりがないのだが、取り組みを進めていくうえで本多さんには多方面にわたってお世話になった。そして、その背中から我々に多くの学びを与えてくださった。

本多さんは、学校の “先生” ではない。

しかし、本多さんが我々に対して担ってくださっている役割は、”先生” 同様である。

したがって、このような形で紹介させていただいた。

明日は、紙で作る打楽器ワークショップ で皆さんをお待ちしています。

(2017年03月19日)

一覧へ戻る