INTERVIEW

企業訪問②山陽印刷様

横浜市立大学の芦澤ゼミの一年生が、

”Aozora Factory 2016”に出展する企業に訪問に行ったので、

そこで思った率直な感想を聞いてみました。

企業訪問②:山陽印刷様(グループ2)

 
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①名前

②自己紹介

③山陽印刷に伺った際に感じた感想

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グループ2(山陽印刷)

①岡本茉弥

②高知県出身

昔から経営などの勉強がしてみたくて、芦澤先生の基礎ゼミに興味がありました!せいいっぱい頑張りたいと思います!

③まず、山陽印刷さんにある印刷機にはオンデマンド印刷機などいろいろな印刷機が用途や枚数に合わせて活用されていることに驚きました。

また、社内を案内していただいたときに、見せていただいたまるごとギャラリーの作品もとても素敵でした。印刷を行なう中で出てくる普段はゴミとなるものがこんな作品になるとは思ってなかったです。またこういう金沢区の工業地帯から生まれる廃材や廃棄物で新たなものが生まれることがもっと広がるといいなと思いました。

なのでワークショップは廃材を使った新たなものづくりについて伝えられるいい機会なので、看板作成などより頑張りたいと思えました

①後藤日花瑠

②東京出身の後藤日花瑠です。

O型の牡羊座、楽しいことが大好きです。

特技は大人数の自撮りです。

よく転びます。よろしくお願いします。

③山陽印刷さんは、想像していた感じと違って、いい意味で工場らしくない、とてもユニークでアーティスティックな会社であるという印象を受けました。

今回お話をしてくださった湯浅さんも秋山さんも、印刷やデザインを通じて企業のサポートをするという仕事を心から楽しんでいて、誇りを持っているように感じました。

また金沢工業団地については、ただ多くの工場が立ち並んでいるだけだと思っていたので、お話を聞いて、企業・工場同士の繋がりがとても深く、協力し合っているということに驚きました。そしてこの繋がりは、この地区の素晴らしい強みであり、より深め、繋がりを活かした取り組みをしていくことで、さらなる発展が臨めると思います。

本日学んだことを活かして、ワークショップの成功に貢献できるよう頑張ります。

本日は大変貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

①室伏遥

②出身→山北の田舎

サークル→alma(ダンスサークル)

好きな食べ物→パン

③実際にお話をさせて頂くことで、印刷会社といっても幅い広い分野の仕事があることがよくわかりました。また作業工程ででる廃棄物をつかった様々な作品やアートがとても綺麗でした!

①星野俊樹

②横浜市立大学 国際総合科学部 国際総合科学科 経営科学系 1年生。

神奈川県育ちの星野俊樹です!

③金沢区の良い所を沢山見つけて、より良い街づくりのお手伝いが出来たらなと思います。青空Factoryではみなさんの創造のお手伝いをさせて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します!

先日は当日お世話になる山陽印刷様にお話をお伺いに参りました。

とても優しく親切な方でしたので、最初は緊張していたものの段々とほぐれました。

また、その後お仕事をなさっている場を見学させて頂きました。働いている方々の真剣な眼差しと、私達に対して「いらっしゃいませ!」「こんにちは!!」と笑顔で声をかけて頂き感動を覚えました。

また、会社内には至る所にアート作品があり、工場を見学させて頂いたというよりは美術館巡りをしたかのようでした。

山陽印刷様、お忙しい中貴重なお時間を頂きありがとうございました。

ぜひ、当日は私達も一丸となり“創造する楽しさ”を伝えたいです。

①柴田智裕

②青森県出身です。

ハンバーガーとコーラとドクターペッパーが好きです。

ハンバーガーはたまに自分で作ります。

本当にハンバーガーが好きです。

③今回の企業訪問では、 普段あまり関わりのない産業に触れることができました。印刷業としての面だけでなく、金沢区を繋いでいく事業が形になったものや、廃材を用いたアートなどに触れられたことも貴重な経験でした

 

(2017年03月15日)

一覧へ戻る